健康・ストレスケア関連

【ひきこもりとストレス】ストレスが原因でひきこもった場合、ストレスを受けなくて良い生き方を探す

なのなのなさんによるイラストACからのイラスト

表題に書いてあることは、簡単にはいかないことです。

ここでは仕事のストレスで心を病んでしまった方を対象に、書き記していきます。

表題のとおりなのですが、職場のストレスで働けなくなった場合、なるべくストレスのかからない環境を探した方が良いでしょう。

そんな環境が簡単に見つかるわけないと思われるでしょうし、事実そうです。

ただ、今注目を集めているのが副業ですね。

自分
事実、私が副業を始めたのも、いつ仕事で倒れるか分からないと思ったからです
保険としての副業ですね
シマエナガさん

政府の働き方改革などで、正社員の労働環境はむしろ悪化していく部分があるでしょう。

その中で、空いている時間を如何に使って、リスクヘッジをしていくか、という視点はどんどん重要性を増しています。

私自身が、時間給の社員と副業との組み合わせで生活しています。

正直言って、正社員の無尽蔵な残業に、心身共に疲れ果てました。

体力的な問題もあるでしょうが、正社員の残業を、経営者の当然の権利のように認識されていると、心身共に消耗していった感じです。

収入さえ確保出来れば、時間給の方が精神的に遥かに楽であると、お伝えしておきます。

これは役職の軽重を言いたいわけではありません。

私個人、某中小企業の部長ではありましたが、同じ職務内容であっても、時間給の方がどれほど気楽かと思ったことが何回もあります。

この辺は個々人の価値観で変わってくるかもしれませんが。

時間給の社員と副業の組み合わせは、不安定に聞こえるかもしれませんが、私はむしろ二か所から収入を受けていることで、リスクヘッジが出来ているという、安心感を得ています。

一か所の正社員のみだと、その会社が万が一倒産したら、或いはどこかに身売りされたら、と考えると、夜も眠れないという心境になります。

事実私自身が、その環境に悩まされました。

その経験があるからでしょうが、収入源が二か所あるという点が、私にとって安心となっています。

デメリットは、社会的信用の部分です。

特に新しい融資、住宅ローンなどでは、苦戦してしまうでしょう。

その辺は将来設計とのバランスが出てくるとは思います。

私にとって正社員とは、もはや金融機関からの信用を得るためだけのものとしか、認識出来ません。

副業に興味を持たれた方は、勉強されてみてください。

経済は大企業優先、金持ち優先で動いています。

庶民は庶民で防衛しなければならない時代に入って来ています。

一緒に考えていきましょう。

まとめ

・副業はリスクヘッジになる

・副業が軌道に乗れば、正社員はむしろ足かせの側面ばかりが見えてくる

当サイトを応援してくださる方は下のバナーをクリック頂ければ、ありがたいです。

ストレスランキング

皆様により良い副業が見つかることを願って。

-健康・ストレスケア関連
-, ,

Copyright© 心の癒しドットコム , 2020 All Rights Reserved.