健康・ストレスケア関連

【ストレスとお酒】お酒でストレスを紛らわすのは危険

ストレス解消に良く使われるのは飲み会ですね。

しかし、個人的にこのお酒というものが、本当にストレス解消に役立っているのか、いつも疑問に思っていました。

というのもその時は気分が高揚しますけど、酔いが醒めた後は、むしろ気分の落ち込みがリバウンドしてきて、逆効果のように思えたからです。

自分
お酒を飲んだ翌日は、どうも仕事の調子が悪いんですよね
飲み過ぎてるんじゃないですか?
シマエナガさん
自分
そうかもしれないんですけど、みんなで飲み会だとついつい飲んでしまいますから

そこで調べてみました。

まずお酒は、短期的にはストレス解消に効果があるようです。

お酒を飲むことで緊張緩和の効果があり、これによってリラックスが出来るそうです。

また円滑なコミュニケーションツールとして存在していますから、それ自体がストレスを解消する補助になるでしょう。

まあ、友人に悩みを打ち明けやすい雰囲気を作る、といった具合でしょうか。

また血管の拡張効果もあるので、血行も良くします。

デメリットとしては、記憶力、判断力の低下があります。

また二日酔いになっては、翌日の生産性は大幅に低下します。

そして様々の病気のリスクもあります。

一番のデメリットは、所謂心療内科系のお薬と一緒で、お酒に頼りすぎると依存の傾向が出てくるそうです。

体が渇望するので、日に日に飲む量が増えていくという具合。

お酒に依存するようになっては、最早逆効果どころの話しではなくなります。

そういう具合で、適量で抑えるというのが良いようです。

最も調べていくうちに、結局のところストレス発散には、有酸素運動が効果的という記述に、出会います。

これは当サイトでも再三ご紹介しているところです。

【ストレスと運動】結局運動がストレス解消に効果的

成人の多くがストレスに悩まされている時代です。 ストレスを受ける環境もそうですが、現代人はあまりにもストレスの発散が出来ていないのではないか、との疑問を持つようになりました。 そして私は調べてみたので ...

続きを見る

お酒に話しを戻すと、寝酒は良くないようです。

お酒を飲むと寝つきが良くなるという人がいますが、寝酒をした後の睡眠は質が悪く、また寝酒は、依存しやすい習慣でもあるようです。

なので当サイトでは、寝酒をお勧めはしません。

出来れば買い物に自転車で行く習慣をつけて頂ければと思います。

【自転車で運動不足解消】こんなに効率的なストレス発散はない

運動不足は自覚しているけど、何をやったらいいか分からない。 そう思ってはいませんか? 最も効率的な運動不足解消は、買い物に自転車で行くことだと思います。 誰だって食事をしなければ生きてはいけません。 ...

続きを見る

一度アルコール依存症と診断されると、一生お酒と戦う人生となってしまいます。

そうならないためにも、お酒は適量で、楽しく飲むようにこころがけてください。

付記しておきますが、お酒は薬の効き目を増幅させる危険があります。

効き過ぎるという状態ですね。

そういうお酒と薬の併用は避けるようにお願いします。

お酒はほどほどにしておこう、と思った方はクリックをお願いします。


ストレスランキング

皆さまがお酒と良いお付き合いが出来ますように。

-健康・ストレスケア関連
-, ,

Copyright© 心の癒しドットコム , 2020 All Rights Reserved.