健康・ストレスケア関連

【ストレスとタバコ】禁煙に成功していない人はタバコとどう付き合うか

筆者はほぼタバコを止めていますが、元喫煙者であったことから、喫煙者の気持ちは良く分かります

タバコの害については、もう世間でこれでもかと言われています。

また異性に対するアピールの面でも、匂いや受動喫煙など、デメリットしかありません。

(両者が喫煙者の場合のみ、お互いが気楽だから付き合い易いというケースはあるようです)

タバコには多くの有害物質が含まれており、また多くの発がん性物質も含まれています。

ここでは、未だ禁煙に成功していない人へ、タバコとどう付き合うかをお話しします。

まず、筆者はタバコを吸うとしたら、家の中でしか吸わないようにしています。

まともに働いていたら、半日吸わないこともありますが、それが当たり前の環境なんだと思えば、意外と出来るものでした。

ストレスの観点から見ると、タバコを吸うことによるストレスは、今の時代、

メモ:タバコを吸うことによるストレス

1.周りからあからさまに嫌な顔をされる。

2.病気のリスクを高めている

3.出費がかさむ

といったことが、あげられます。

逆にタバコを吸うことによるメリットはあるでしょうか?

考えてみました。

メモ:タバコを吸うことによるメリット

1.喫煙者同士のコミュニケーションに役立つ

2.気分転換として、長年親しんでいる

3.ギャンブルや夜飲み歩くよりは、出費が少ない

と言ったところでしょうか。

デメリットとメリットを比較すると、やはりデメリットの方が大きいですね。

まず周囲との人間関係を考えると、禁煙に成功した方が、いろいろと気を使わなくて済みます。

同じく異性との関係においても、同じことですね。

気分転換は他の事で代用できないか探していきましょう。

出費に関しては、

ニ日で一箱と計算すると、

500円÷2×30日=月7,500円

一日一箱なら、

500円×30日=月15,000円

ですね。

さてこれを節約できるかどうかという問題です。

節約したくなりますよね。

病気のリスクもなくなりますし。

自分
喫煙者同士のコミュニティーは年々縮小している感じですね
いずれそのコミュニティーもなくなるのではないですかね
シマエナガさん

また、喫煙による気分転換の効果は、ニコチン依存から来る、体の錯覚とのことです。

最初から吸わなければ、問題なかったということでしょう。

せめて電子タバコでしょうか。

ギャンブルや夜飲み歩くこととの比較については、未だ経済的にはタバコが優位に立っているでしょう。

しかし、それはメリットというにはあまりにも乏しいものかもしれません。

結論を言えば、喫煙は病気と認識されつつある時代です。

禁煙外来へ行き、禁煙の治療へ向かうことを、当サイトではオススメします。

そのモチベーションをまとめます。

まとめ

1.経費削減になる。或いはそのお金を他のことに使える

2.異性に不快な思いをさせなくて良い

健康生活へ足を一歩踏み出しましょう。

 

-健康・ストレスケア関連
-, ,

Copyright© 心の癒しドットコム , 2020 All Rights Reserved.