ひきこもり関連

【他人からの評価は制御出来ない】私のことをそんな風に理解しないで欲しいとは言ってはいけない

よっとさんによるイラストACからのイラスト

いろんなひきこもりの人と話した経験から言えば、他人からの評価は制御出来ないという感覚はとても重要な点です。

この点を乗り越えられるかどうかで、ひきこもりからの脱出の成否が変わる人もいます。

私にも少しはこういう感性はあるかもしれませんし、世の中のほとんどの人も多少はあるかもしれません。

しかし多くの人は、社会で頑張っている人は、この点をあっという間に乗り越えます。

他人がどう評価するかは、その他人が決めることだと。

けれどもこの点で納得できず、「何故そんな評価なのだ」と立ち止まる人を何人か見て来ました。

私はそういう人間ではないと言って納得せず、理解を得られるまで立ち止まってしまうのです。

何がそうさせるのかは人によるのかもしれませんが、承認欲求がそうさせるのかもしれません。

結論は表題のとおりですね。

他人からの評価は制御できません。

それを、自分をそのように理解しないで欲しいと言っても無駄です。

だから、そういうことを言ってはいけません。

いけないことはないかもしれませんが、他人からの評価は変わらないのですから、時間の無駄になってしまうのです。

そんな時間があれば、前を向いてコツコツといろんなことに取り組んでいきましょう。

気が付いたら人からの評価が変わっているでしょう。

そういう方向でしか人間関係は解決できないのです。

シマエナガさん
ひきこもりの子でここでつまずいている子は、結構いるのですね
そう、メカニズムまでは専門家でないので分かりませんが、多かったです
自分

よく、人から信頼を得るのは時間がかかるが、人から信頼を失うのは一瞬と言います。

そのとおりで、人から前向きな評価を得るのには時間がかかるのです。

理屈だけで人を納得させるのは、ほぼ不可能なのです。

父親は背中で語るという言葉がありますが、まさしく自分の評価も背中で見てもらうものだと、腹を括りましょう。

一つ一つの積み重ねが、自分への評価を変えていきます。

まとめ

・人の評価は自分で制御出来ない

・人の評価を気にしない

・明確な誹謗中傷以外はそのまま受け入れる

当サイトを応援してくださる方は下のバナーをクリック頂ければ、ありがたいです。

ストレスランキング

皆さまが健康な社会復帰をされることを願って。

-ひきこもり関連
-, ,

Copyright© 心の癒しドットコム , 2020 All Rights Reserved.