その他

【休職と傷病手当】病気やケガで仕事を休んだ時の制度

病気やケガで仕事を休んだ時の制度として、傷病手当という制度があります。

要件ですが、

メモ

  1. 業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること
  2. 仕事に就くことができないこと
  3. 連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと
  4. 休業した期間について給与の支払いがないこと

などです。

制度として存在しているので、該当する方は申請してみるのが良いでしょう。

この制度はいわゆる社会保険(会社で入れる健康保険)に入っている方が対象ですね。

またこの制度は休職してから、そのまま退職しても保険加入期間が1年を超えていれば、引き続き支給を受けることが出来ます。

期間は支給されてから、1年6か月です。

仕事でうつ状態になった方や、事故などでケガをされた方は検討されてください。

その他必要な要件として、待期期間という概念があります。これは少しややこしいのですが、連続して3日間の休みがあるとこの待期期間という概念が成立します。

それ以降の4日目から傷病手当を受けることが出来ます。

ただ退職する方が良く落ちる罠に、退職日に出勤するという行為があります。

最後くらいみんなに挨拶してから、辞めるように言われることもあるでしょうが、これをそのまま行ってしまうと、退職後の傷病手当を受けられなくなってしまいます

日本人の感覚として、退職日だけでも出勤したいとは思いますが、制度はそれを受け入れてはくれないようですね。

この辺はややこしいので、協会けんぽに直接確認するのが良いでしょう。

受給できる金額は、概算で額面支給額の3分の2ぐらいと思って頂いたら、良いかと思います。

医師の診断なども必要になりますので、医師への相談もしておくと良いでしょう。

支給される期間は1年6か月ですが、その途中に出勤しても、期間が延びることは無く、受給期間が減るだけです。

制度としてどうかと思いますが、それは置くとして、きちんと制度を把握しておきましょう。

また、老齢年金や障害年金、労災などの適用を受けた方は、その分減額されます。

二重で給付されることはありません。

皆さまが制度を正確に把握されて、活用されることを願います。

リンク

全国健康保険協会 協会けんぽ 病気やケガで会社を休んだとき

まとめ

・会社を病気やケガで休んだときは傷病手当という制度がある

・支給金額は概算で、額面金額の3分の2程度である

当サイトの情報が役に立ったと思われた方はクリックをお願いします。

ストレスランキング

皆さまが適切に制度をご利用下さることを願って。

-その他
-, ,

Copyright© 心の癒しドットコム , 2020 All Rights Reserved.