その他

【傷病手当金とは】働けなくなった時の制度を確認しておく

心身を壊して働けなくなった方への制度をご紹介しておきます。

いわゆる社会保険(会社から入っている健康保険)に加入している人が対象です。

 

「病気やケガで会社を休んだときは傷病手当金が受けられます」

 

支給される条件

傷病手当金は、次の(1)から(4)の条件をすべて満たしたときに支給されます。

 

(1)業務外の事由による病気やケガの療養のための休業である

 

仕事に就くことが出来ない証明がある時、支給される。

自宅療養機関であっても同じ。

ただし業務上の怪我、通勤災害は対象外。

 

(2)仕事に就くことができない

療養担当者(医者)からの意見書を基に判断。

 

(3)連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと

4日連続で休んでいること。日曜日や有休含む。

連続という点がポイント。

 

(4)休業した期間について給与の支払いがないこと

あくまで業務外の理由であること。

 

支給される期間

休職してから、その事由により働けない期間。最長1年6か月。

 

資格喪失(退職)後の継続給付について

現に傷病手当を受けている人で、継続して1年以上保険に加入していて、最終日に出勤していない場合、退職後も給付を受けられる。

 

支給される金額

各月の標準報酬月額÷30日×3分の2

(およそ給与総支給額の3分の2)

詳しくは全国健康保険協会(協会けんぽ)のサイトで。

詳しくはコチラ

自分
こういう制度を知っているかどうかで、心のゆとりも違いますね
利用するつもりはなくても、いざという時の保険のように考えられますからね
シマエナガさん

まとめ

・傷病手当の制度は、いざという時のために頭に入れておこう

・あくまで勤務外の傷病に関する手当である

当サイトを応援してくださる方は下のバナーをクリック頂ければ、ありがたいです。

ストレスランキング

皆様のより良い生活を祈念して。

-その他
-, ,

Copyright© 心の癒しドットコム , 2020 All Rights Reserved.