その他

【医療費が高くついた時は】医療費に関する制度を確認しておく

 

「高額療養費制度」

高額療養費とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。

自分

簡単に言うと、例えば月収30万円の一人暮らしの方は、月の医療費が8万円ぐらいまでしか払わなくて良いという制度です。

世帯の収入や支払った額によって、金額は変わってきますが、収入によって支払う医療費の限度が決まっています。

その限度を超える金額については、後から戻ってきます。

ほほう
シマエナガさん

 

「医療費控除」

納税者がその年の1月1日から12月31日までの1年間で一定金額以上の医療費を支払った場合に申告すると、所得税等が軽減されるというものです。

医療費控除の対象となるのは、多くの場合、支払った医療費が10万円(総所得金額等が200万円未満の方は、総所得等の5%)を超えた場合です。

自分

簡単に言うと、例えば年間10万円を超えた医療費について、その超えた分(15万円なら5万円だけ)×所得税率が戻ってきます。

税率10%の方なら5,000円

税率5%の方なら、2,500円

戻ってきます。

なるほど
シマエナガさん

それぞれ詳細は

協会けんぽ

のホームページでご確認いただくのが良いでしょう。

少し勉強すれば、どちらも自分で出来ます。

まとめ

・医療費には様々の補助制度がある

皆様の医療費が少しでも軽くなることを祈って。

-その他
-, ,

Copyright© 心の癒しドットコム , 2020 All Rights Reserved.