その他

【同一労働同一賃金と正社員】同一労働同一賃金の概念が広まれば、正社員にどのような影響があるか

「同一労働同一賃金」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

同一労働同一賃金とは

同一労働同一賃金の導入は、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者) と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)の間の不合理な待遇差の解消を目指すものです。

同一企業内における正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の解消の取組を通じて、どのような雇用形態を選択しても納得が得られる処遇を受けられ、多様な働き方を自由に選択できるようにします。

  • パートタイム・有期雇用労働法:大企業2020年4月1日、中小企業2021年4月1日より施行
  • 労働者派遣法:2020年4月1日より施行

厚生労働省ホームページより

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144972.html

さて難しくて分かりにくいと思われたかもしれません。

これについて簡単に言えば、パートや派遣社員の待遇を改善しようという仕組です。

これが大企業は今年の4月から、中小企業は来年の4月から適用されます。

ではこの法律によって、正社員の環境はどのように変わるでしょうか。

パートや派遣社員の待遇を改善するわけですから、素直に考えれば、彼らの給与は上がる方向になります。

しかし、企業としては利益が変わるわけではないので、人件費で圧迫されます。

その際企業はどのような方策を取るでしょうか?

これは企業によって変わるでしょうが、パートや派遣を一部切るか、正社員の人件費を圧縮するか、どちらかの圧力がかかるでしょう。

つまり正社員の給与が減る可能性があるわけです。

今のところ罰則規定が無いので、急に事態が動くことはないでしょうが、あなたの勤めている会社も、このようなプレッシャーを受けるということです。

また大きな視点で言えば、これは政治から大企業へ、より安い労働力を提供しようという力学が働いていると分析できます。

つまり正社員にとってより働きにくい社会、パートや派遣社員にとってより働きやすい社会へと圧力がかかっているという解釈が適当でしょう。

我々は何をすべきでしょうか?

自分
一つ言えることは、正社員が安泰の時代は終わったということだと思います
全ての人がパートのような立場になるということですね
シマエナガさん
自分
時代はそういう方向に動いていますね

自分の身は自分で守らなければなりません。

私は副業をコツコツと積み重ねておくことが大事だと思っています。

まとめ

・同一労働同一賃金は、正社員の待遇が悪くなる方向へ働く可能性がある

・正社員が安泰の時代は終わり、自衛の策を練っておく必要がある

当サイトを応援してくださる方は下のバナーをクリック頂ければ、ありがたいです。

ストレスランキング

皆様に良き道が見えますよう。

-その他
-, ,

Copyright© 心の癒しドットコム , 2020 All Rights Reserved.