健康・ストレスケア関連

【心を病んでも必死に会社に行っている】いろいろな意味で安定しない正社員

私が正社員をやっていた頃、一番ストレスだと思ったのは、拘束時間でした。

ただ長いというのもありますが、男性の正社員だと付き合い酒も苦痛でした。

私はお酒自体は嫌いではないのですが、上司に無理矢理飲まされる酒ほど、不味いものはないですね。

そんな中、世の中では(かくいう私も)会社勤めで心身に不調をきたす人が増えていますね。

自分一人のことであれば調節出来るのですが、ともかく酒に誘う習慣は日本の蛮習と呼んでいいでしょう。

そういう意味で、今も体に鞭を打って会社に行っている人は、心から尊敬しますし、応援します。

そういう人が少しの心のよりどころとして、副業の収入でもあれば良いとも思います。

 

正社員が不利な点として拘束時間を上げましたが、その他にもどんどん出て来ます。

自営業と比較すれば、守られてはいますが、倒産などの現象に対しては、極めて受け身なのも怖いことです。

自分の努力と雇用が一致しないわけですからね。

倒産と同時にリストラについてもリスクですよね。

 

後はやっぱり努力して成果を残した時の、取り分が少ないことですね。

自営業やフリーランスは大変ですけれども、努力した時の取り分は全て自分に入ってきますから。

その時の満足感は大きいです。

 

そう、あと思い出しましたが、金融の業界で正社員をやっていて、大変な督促などもありました。その時つくづく感じたのは、いざとなったら会社は守ってくれないということですかね。

そういう会社ばかりではないと信じたいですが、お金ばかりの世の中になってきています。用心に越したことはありません。

まとめ

正社員の不利な点

・拘束時間が長く自由がきかない

・副業の時間が取れない

・付き合い酒がある

・倒産、リストラのリスクがある

・いざとなったら守ってもらえない可能性がある

うつなどになっても必死に会社に行っている方にエールを送ります。

当サイトを応援してくださる方は下のバナーをクリック頂ければ、ありがたいです。

ストレスランキング

-健康・ストレスケア関連
-, ,

Copyright© 心の癒しドットコム , 2020 All Rights Reserved.