節約・副業関連

【時間外労働の上限規制】サービス残業が増えていく その時副業は?

時間外労働の上限規制について、大企業は2019年4月から、適用されました。

中小企業も2020年4月から適用されます。

制度を簡単に言ってしまえば、残業時間についてより厳しくなったということです。

メモ

厚生労働省 働き方改革 特設サイト

厚生労働省のサイトです。

中小企業の労働者の立場から、この制度が何をもたらすか、考えてみます。

結論を先に言えば、サービス残業が増えるだけでしょう。

残業時間をどれだけ規制しようとしても、労働者は内部の競争にさらされています。

身内を出し抜いて、自分の成績を上げようとする人間はいるものですし、それは責められるものではないです。

結果、自分だけでも残業しようという人間が増えることになるでしょう。

それが周囲にも伝播すれば、ただのサービス残業が増えるだけとの結果になります。

もっとも今の中小企業は、固定残業代などのテクニックで、如何に残業代を抑えるかの準備もしています。

恐らくは、現実を無視した残業時間の規制は、労働者を苦しめるだけの結果となるでしょう。

それは政治の話しですから置くとして、我々はどう対応していけば良いでしょうか。

残業時間を本当に厳しく規制する会社にお勤めの方であれば、副業に手を伸ばすチャンスとも言えます。

残業時間を誤魔化して、長時間の労働を強いる会社にお勤めの方は、景気が良いうちに転職を考えるのもアリかもしれません。

この問題は経営者だけを責められる性格のものではありません。

現状を無視した改革が、現場を壊してしまうということでしょう。

政治が無理をしたせいで、その尻拭いを経営者に押し付けられては、経営者とてたまったものではない、という思いも分かります。

また懸念されることは、家に帰って残業をしたいがために、個人情報等を社外に持ち出す事例が増えるかもしれません。

その結果個人情報を紛失し、大きな社会的責任を取らされる結果とならないよう、労働者の皆さまは気を付けて頂ければと思います。

36協定についても、労使の合意が必要となっていますが、これとて経営者の言われるままにハンコをついている労働者も多いでしょう。

シマエナガさん
36協定ってなんですか?
36(サブロク)協定とは、会社が法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超えた時間外労働を命じる場合、必要となる協定です。労働組合などと書面による協定を結び、労働基準監督署に届け出ないといけません。皆さんの会社にも、実はあるんですよ
自分

労使の合意など、中小企業では机上の空論でしょう。少なくとも筆者は、そういう世界でしか働いたことがありません。

経営者に協力しなくては、自分の居場所も、そもそも自分が所属している会社も守れません。

会社に風当たりが強くなって、結局困るのは労働者である場合が多のです。

時間外労働が短縮された結果、会社の売上が落ちたならば、ボーナスの削減という形で労働者にかえってきます。

というわけで、当サイトとしては、時間外労働の上限規制を機に、労働時間が短縮された方へ、副業をお勧めしたいと思います。

まとめ

・時間外労働が減ったら、副業に手を出すことが出来る

・時間外労働が減らない場合、違法なサービス残業が増える結果となり得る

・違法なサービス残業が増えても、自分の所属している会社を訴える行動には出にくい

労働時間が減ったら、副業も考えてみようかな、と思われた方はクリックをお願いします。

ストレスランキング

より良い労働環境をみんなで作っていきましょう。

-節約・副業関連
-, ,

Copyright© 心の癒しドットコム , 2020 All Rights Reserved.