社会・政治経済関連

【景気の悪化】コロナウイルスの前から景気は悪化していた

  2019年の10~12月、GDPが年率換算で6.3%減という報道が2月半ばにありました。

この3月には、更に下方修正される見込みとも言われています。

皆さん、この数字は異常です。

消費税が10%になったことによって、景気が異常な下落をしています。

しかもこれは、10~12月なので、コロナウイルスによる悪影響が含まれていません。

次の四半期1~3月は更に酷い数字が出てくるでしょう。

これは消費税増税の影響です。

何故安倍首相がこのような決定をしたのか、理解出来ません。

様々の圧力があるのでしょうが、ここを妥協する人なら、私は支持出来ない。

しかも内閣府の統計から見れば、消費税を5%から8%に上げた時点で、既に景気は下降局面に入っていました。

戦後最長の景気拡大などと言う言葉は嘘でした。

それは内閣府のデータを見れば分かります。

少なくとも消費税を5%から8%上げた直後の、2014年4~6月期は悲惨な数字が出ています。

この期間は明らかな景気後退期でした。

それでも政府は景気は引き続き良好という、嘘の発表をし続けました。

この8%~10%に上げた時期も、景気が悪くなったとは認めていません。

このような嘘の発表をし続ける政府なら、もう私は信用出来なくなりました。

自国の政府を信用出来ないのはとても残念ですが、もうコロナウイルスに関する発表も信用出来ません。

私も今頃目が覚めた人間なので、人にどうこう言うつもりはありません。

ただ今更分かったのが、安倍首相は庶民の暮らしには興味が無いという事実です。

 

-社会・政治経済関連
-, ,

Copyright© 心の癒しドットコム , 2020 All Rights Reserved.