その他

【消費税のストレス】消費税の「逆進性」を勉強してみる

消費税が10%になりました。

シマエナガさん
消費税を払わないでいい方法なんてないですよね?
はい、そういう方法はないです。でもどういう性質の税金かは考えてみましょう
自分

結論を先に言えば、ともかく

収入の中で毎月の貯金額を増やす

ことです。

消費税とは、「何かを買ったら罰金を払いなさい」という意味と同じです。

何かを買ったら罰金10%なので、何も買わなければ消費税はかかりません。

お前は何を当たり前なことを言っているんだ、と怒られそうですが、意外とそう認識できる人は少ないのではないでしょうか。

タイトルにある消費税の「逆進性」と言う言葉は難しく聞こえるかもしれませんが、この意味を理解すると、貯金に対するモチベーションが上がると思いますので、我慢して読んでください。

消費税は貧しい人ほど税率が上がる仕組みの税金です。お金持ちの人ほど得をする税金です。これを「逆進性」と言います。

以下に説明しますが、

一人暮らしの男性Aさん、Bさん、Cさんが三人居ます。

それぞれの収入はAさんが20万円、Bさんが30万円、Cさんが40万円でした。

それぞれの一か月の支出は三人とも20万円でした。

つまり毎月の貯金は、Aさんがゼロ、Bさんは10万円、Cさんが20万円でした。

それぞれが支払っている消費税はいくらでしょう?

分かりやすく概算で計算すれば、消費税が10%なので、三人ともそれぞれ2万円づつです。

なんだ、みんな同じじゃないかと思うかもしれませんが、これを所得税、つまり給与から見た割合で見ると、

Aさん 消費税2万円÷給与20万円=10%

Bさん 消費税2万円÷給与30万円=6.6%

Cさん 消費税2万円÷給与40万円=5%

と貯金が出来る人ほど、消費税率が下がっていきます。

消費税はこのような「逆進性」を持った税金なのです。

この「逆進性」から考えると、貯金をすることは、節約だけでなく、

税率すらも引き下げる効果がある

ことが分かります。

いかがでしょうか。

本来は日本の景気や、経済のことを考えると、みんながどんどんお金を使って、世の中にお金が回った方が良いのです。

けれどもこうまで消費税の税率が上がって、「逆進性」があからさまになってくると、そういうきれいごとを言っていられません。

庶民は庶民で自分の身を守らねばなりませんから、ぎりぎりまで切り詰めて貯金をしていくというのが、この時代に求められています。

消費税も間違いなくストレスなのです。

まとめ

・消費税は「逆進性」という性格を持っている

・「逆進性」はお金持ち(貯金が出来る人)ほど得をする仕組みである

当サイトを応援してくださる方は下のバナーをクリック頂ければ、ありがたいです。


ストレスランキング

皆さまがそれぞれ貯金を出来ることを願って。

 

-その他
-, ,

Copyright© 心の癒しドットコム , 2020 All Rights Reserved.