その他

【自営業者とコロナウイルス】政府が考えている生活福祉資金貸付制度の拡充はあまりに酷い

政府がコロナウイルスに関する自営業者やフリーランスへの対応で、生活福祉資金貸付制度の拡充を考えているそうです。

その内容がなんと、

10万円の貸付!

庶民をなんと思っているのでしょうか。

10万円で何をしろと。

こういう時は政府が国債を発行して、何らかの形で国民に渡すのが筋です。

消費税増税の悪影響に加えて、コロナウイルスがやってきました。

日本の景気は目も当てられないことになりそうなのです。

そこに10万円の貸付に何の意味があるでしょうか?

10万円でもありがたいと思われるかもしれませんが、これは国がやることです。

貸付とは言い換えれば、10万円の減税と10万円(+利息)の増税を同時にすることです。

こんな馬鹿な政策はありません。

これでは経済が死滅します。

まだ国民にばらまいた方がましというものです。

これでは心を病む人がもっと増えますね。

シマエナガさん
コロナウイルスはどうなりますかね
今は成り行きを見るしかありませんね
自分

というかここまで間抜けなことをされると、国民と政府の間で、不信と対立が起きてしまいます。

緊急時は国が守ってもらえるという安心感が消え失せます。

まとめ

・政府のミスも含めて起きた事柄は、貸付ではなく給付、もしくは減税で対応すべき

当サイトを応援してくださる方は下のバナーをクリック頂ければ、ありがたいです。

ストレスランキング

-その他
-, ,

Copyright© 心の癒しドットコム , 2020 All Rights Reserved.