社会・政治経済関連

【自由憲政党 】政策について論評

 

大学生の方が新党を立ち上げるとのことで、拡散希望をしておられます。

基本的に若い人のやることは何でも応援したくなりますが、こと新党であれば、きちんとした論評も必要かと思い、ここに記載させて頂きます。

以下、政策に関わる部分だけピックアップして拡散に協力させて頂きます。

【真の保守政党を立ち上げます~YouTubeチャンネル拡散依頼~】
https://t.co/f0kevvt4Ao 

自由憲政党

①自主憲法の制定
②規制改革
③大税制改革
④地方競争分権
⑤教育改革

 

 

以下は私のコメント

①については、反論はありませんが、安倍内閣で出来なかったことなので、相当な力が必要でしょう。私は大事な事であっても、優先順位として低いような気がしています。

②については、現在議論されている改革の方向とは逆です。今議論とされているのは、規制強化の方向です。庶民を守るため必要な規制を再度復活させようという方向で議論が進められていることに、少し耳を傾けて頂ければと思います。

③について、法人税・所得税の地方税化が一例として掲げられていますが、国軍の創設が必要と言われながら、地方の権限強化だと、整合性をどうやってとっていくのか、大変だと思います。基本的に今言われている改革の方向は大きな政府です。政府の権限強化であり、地方分権とは方向性が違いますがいかがでしょうか。

④の地方競争分権も、ベクトルとしては、国軍創設と逆になりますね。個々のアイデアに意味があるとしても、整合性は取れるのか心配です。

⑤教育改革の一例として、ネットを活用した講義などを提案されていますが、その行きつく先は、大学が東京にしか残らないということではないでしょうか。

コメント一旦ここまで

【その他諸々の政策(YouTubeで順次、他政策も発表していきます。)】
・金融緩和
・公務員人件費改革(優秀な人材を民間に誘導)
・生活保護制度を廃止、負の所得税の導入
・電波オークションの実施
・NHKのスクランブル化
・スパイ防止法の制定
・外国人参政権の反対
・自虐史観教育の廃止
・サイバー軍創設
・サイバー攻撃、テロリズムに対処するための危機管理庁の創設
…等々

 

以下再度コメント

>金融緩和

賛成

>公務員人件費改革(優秀な人材を民間に誘導)

小泉郵政改革から始まる一連の改悪と同じ流れなので反対

>生活保護制度を廃止、負の所得税の導入

具体的にどのような政策かにもよるでしょうが、あまり違いが無いような気がします

>電波オークションの実施

賛成

>NHKのスクランブル化

賛成

>スパイ防止法の制定

賛成

>外国人参政権の反対

私も外国人参政権には反対ですね

>自虐史観教育の廃止

主旨には賛同しますが、具体的にどのように出来るでしょうか?

>サイバー軍創設

賛成

>サイバー攻撃、テロリズムに対処するための危機管理庁の創設

賛成

 

以上、全体的な思いについては賛成したいのですが、個別の税制や経済政策、また地方分権については賛成しかねることが多いですね。勿論信念としてされる分には良いでしょうが、現在議論されている経済改革は、大きな政府の、積極財政の方向だと認識しています。それでもあえてこのような経済政策を掲げておられるのであれば、残念ながら私は一票を投ずるのは難しいです。

これがまとめですが、志ある、そして勇気のある若者を応援したい気持ちは変わりません。

-社会・政治経済関連
-, ,

Copyright© 心の癒しドットコム , 2020 All Rights Reserved.